ハローワークの便利なサービス

ハローワークを賢く使って誰でも仕事GET!

インターネット検索と職員が優秀

ハローワークは働き盛りの20~40代失業者が転職先を探しに行くところ、また失業保険の申請をしに行くところ、というイメージがありませんか?
ハローワークの役割は、仕事を求める全ての人をサポートする事。新卒やフリーターの若者、50代60代以上のシニアや育児中の母親、外国人や障がい者など、幅広い人材に働くチャンスを与えてくれるのです。もちろん働き盛り世代にも、職業訓練やセミナーなどよりスキルアップできる多くの支援が用意されています。
正社員だけでなくパート・アルバイトの求人も数多くありますが、ハローワークを利用するには直接行って登録する必要があります。

「ハローワークへ行く理由は失業保険の受給だけ」という人もいるかもしれませんが、気をつけたい点がいくつかあります。まず、求職活動をしている人に限り与えられる給付金なので、再就職を目指している事をアピールしなくてはなりません。また、退職理由が会社都合か自己都合かで、給付される時期が異なります。具体的には、会社都合では翌月・自己都合では3ヶ月後から支払われます。

またハローワークの役割は企業に採用されるまで、という印象がありますが、「実際に働いてみたら募集内容と違っていた」という悩みを相談できるところもあるので、問い合わせてみましょう。

あまり知られていませんが、ハローワークは退職者だけでなく就業中の人も転職先を探す機関として利用できます。「でも利用できる時間は働いているから行けない」という人のために、夜7時台や土曜でも開いているハローワークプラザが設けられています。ここでは失業保険の受給手続きはできませんが、求人探しや就職相談をすることが可能です。

せっかくハローワークへ行くなら、豊富なサービスをよく知り賢く活用して、長く気持ちよく働ける職場を見つけてください!

新卒・シニア・母親・外国人・障がい者もOK

働き盛り世代だけでなく、職を探している人全てを性別・年齢・国籍を問わず受け入れるハローワークのシステムとは?また新卒・母親など、それぞれの状況に応じたきめ細かい求職サービスとはどのようなものでしょうか。 そして働く人を探す側=事業者にも、人材紹介以外のどんなメリットがある?

TOPへ戻る